ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
NHK関西「アジアン食堂」
2011-10-28-Fri  CATEGORY: イスラエル
NHK総合で、関西圏限定の「アジアン食堂」という番組があります。
関西にあるアジア系食堂と、その母国を取材して
その国の食文化を紹介するという内容です。

ajian1.jpg

ajian2.jpg

月一度の番組なのですが、11月は何とイスラエルが取り上げられます。
京都には「ファラフェルガーデン」というお店があるのですが、
その店をスタジオにして、店長のアミールさんを中心に番組は進みます。

京都のNHKスタッフが最近イスラエル取材を終えて帰国、
私も取材内容の翻訳お手伝いをさせて頂いています。
ディレクターに許可をもらいましたので、ちょっとだけ紹介しましょう。

番組の基本コンセプトは
「ファラフェルはみんなを一つにする大衆食文化」。
イスラエルというと、民族間の対立ばかりメディアは取り上げるが、
実はイスラエルのファラフェル屋さんには、
ユダヤ人、アラブ人、ドルーズ人
だれもが一つのレストランに座って食べている。
だれに聞いても「これが当たり前の風景」と言う。

伝統衣装を着たアラブ人女性が、ユダヤ人の店に座り、
「イスラエルでは、多民族、多宗教、多文化共存が当たり前」と
美味しそうにファラフェルをほおばりながら語ります。

またエルサレム旧市街のアラブ人店主は、
「ファラフェル豆を育てたのは神様の降らせる雨。
神様はだれも区別していない」と、
ファラファエルを揚げながら話します。

「もちろん厳しい民族間対立があるのも事実です。
メディアはふつうそこばかりに焦点を当てます。
でもこの番組では、
もっと違うイスラエルの日常があるということを、
ファラフェルとオリーブ油を通して垣間見れたらと思います」とは、
ディレクターの言葉です。

大学でアラビア語を学んだという若いディレクター、
なんとシリアのクネイトラに一年留学したそうです。
六日戦争でイスラエルが占領、後にシリアに返還した
ゴラン高原の町です。

そこに住んでいる時に「国境のあちら側のイスラエルは、
一体どういうところだろう。
こちらの人は敵視するけど、あちらにも普通に人がいて
暮らしているはず。まずはイスラエルの人たちと話をしてみたい。
話しもせずに、先入観を持つのはおかしい」と考えたとのこと。

その後テレビの仕事をはじめ、今回はじめてイスラエルに関わる
仕事ができたとのことでした。

「今後も仕事を通してイスラエルに関わり続けたい」と話していました。

「それならぜひ、ヘブライ語を学びませんか?」とは、
まだ話していません。

放送日は
11月25日 午後10時 NHK総合
です!!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
イスラエルから帰国
2011-05-13-Fri  CATEGORY: イスラエル
数日前、イスラエルから帰国しました。
今回のイスラエル行きの目的は、幕屋のイスラエル研修参加です。
約1週間で21講義というハードなスケジュールでしたが、
それぞれの分野の第一級の方々が講義に来てくださり、
エルサレムで本当に充実した、真の「ゴールデン・ウィーク」を過ごすことができました。

嵐のように講義を受け、また通訳でくたくたになる中、
安息日や滞在最後の二日間などはゆっくりとイスラエルの空気を満喫しました。
今回は旅の部分のみ紹介します。

asa
研修会が持たれたエルサレム近郊のキブツ、「マアレー・ハハミシャー」で迎えた
最初の朝。エルサレムの方向から昇ってくる朝日です。

horuva
安息日には講義はなく、エルサレム旧市街を巡礼しました。
ユダヤ人地区に昨年再建された「ホルヴァ・シナゴーグ」前にて。
夜は、このシナゴーグに来て安息日を迎える祈りに参加しました。
(もちろんその時の写真は撮っていません)

kabe
ヤッフォ門からダマスコ門まで城壁の上を歩きました。
城壁の外も綺麗ですが、城壁の中の様子が面白くてかなり興奮します。
母校のヘブライ大学を背景に撮ってもらいました。

beeri
ラビ・ダン・ベエリー先生の講義を通訳中の私。
四苦八苦でした。

david
研修の一環として、ダビデの町の見学に出かけました。
ダビデ王とソロモン王?

armon
入り口の真下にある発掘では、なんとダビデ王の王宮ではないかと考えられる
壮麗な建築物跡が発掘されていました。
今回ダビデの町の見学で一番驚いた場所です。
この写真ではその壮麗さはちょっと分かりませんが、
かなり立派な御殿の跡なのです。

hanan
昨年日本を訪問されたハナン・ヨベルさん夫妻が、自宅に招待してくれました。
これはハナンさん宅そばにある「エンテベ」という名前のレストラン。

mizrahi
キブツ・ヘフチバの私の家族です。
私の左が里親のモーシェ、右が妹のイディット、その右がご主人、
あとは娘たちです。
娘が大きくなってるので驚きでした。

hongkong
ここはどこでしょう?
実は香港です。
ベングリオン空港に備蓄してあった燃料に問題があり、
私たちの乗ったエルアル機はキプロスで給油を余儀なくされました。
そのためトランジットに遅れて、香港で一泊する羽目になったのです。
仕事が一日つぶれてしまいましたが、
「100万ドルの夜景」を楽しむことができました。
ブレているので、その美しさが分かりませんが・・・。

月曜日に帰って翌日には
神戸のイスラエル名誉領事館で
新しい初級クラスがスタートしました。
新しい生徒さんたちを迎えると、私の気持ちも新しくなります。

今回イスラエルに行き、ユダヤ人の思想の深さ、信仰の強さに触れて、
聖書をヘブライ語で読むことの大切さを
あらためて痛感して帰ってきました。
これからも自分自身の研鑽も、またヘブライ語を伝えることも、
ますます情熱をもってやっていきたい、
そういう思いを強めております。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今日、イスラエルに行きます。
2011-04-27-Wed  CATEGORY: イスラエル
今日4月27日から、5月8日までのゴールデン期間中、イスラエルに行っています。
帰国してすぐの5月10日には、新しい神戸の初級クラススタートです。

行ってきます!

ページトップへ  トラックバック0 コメント1
イスラエル特殊部隊の支援申し出
2011-03-16-Wed  CATEGORY: イスラエル
東北地方の地震・津波の災害から数日後、
関西在住のイスラエル人の友人から電話がありました。
彼は軍隊時代に特殊部隊に所属していた、体重100キロもある猛者。
イスラエルの戦闘用格闘技「クラヴ・マガア」の達人でもあります。

電話は、「イスラエルの軍隊時代の友人が、20名ほど
救援のために日本でボランティアしたいと言っている
ついては、通訳を探してほしい
彼らは一番厳しい実践を積んできているから、きっと役に立てる」
という内容でした。

私は、とても彼らの気持ちに感動をしつつも、
今の段階では受け入れ態勢が整っておらず、ボランティアは被災現場に入っていないこと、
また、きちんと大使館などと連絡を取って、関係諸機関と調整して来てほしいと伝えました。

最後に「トダラバ! みなさんの支援の気持ちをできるだけみんなに伝えます。
みなさん励まされます」と精一杯の感謝を伝えました。

国家レベルの救援隊はもちろん大切で感謝ですが、
このような自費で日本まで来て、少しでも救援の役に立ちたいという
彼らの気持ちに心から感動しています。




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ヘブライ語の歌をイスラエルで!
2011-02-08-Tue  CATEGORY: イスラエル
関西圏でヘブライ語を学んでおられる方々のうち、明後日東京を出発する巡礼ツアーで、
三名の方々がイスラエルに向けて出発されます。
それぞれ別のクラスで学んでおられる、
堺クラスのTさん、京都クラスのYさん、そして神戸クラスのAさんです。

私はヘブライ語の歌が大好きなので、
ツアーに行ってもバスの中でたくさん歌を歌いますが、
今回の巡礼ツアーも、きっと毎日たくさんの歌を歌うと思います。

堺と神戸のクラスは教室にピアノがあるので、
毎回ヘブライ語の歌を30分くらい歌います。
ですから堺と神戸のお二人はたっぷり歌を練習しておられます。

一方京都のYさんが学んでおられる場所は
スターバックスなので、大声で歌を歌うと怒られます。
(試したことはありませんが・・)

Yさんが「私もヘブライ語の歌を練習したい!」と言われるので、
先日は、自宅にエレクトーンを持っておられる知人宅で
2時間以上も歌ばっかり歌うレッスンを、2回に分けて持ちました。
その時の様子をCDにして、毎日熱心に聞いておられます。

さて、明日はいよいよ伊丹から出発、東京に集合して明後日成田から経ちます。
いってらっしゃい!




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。