ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ハマス政権は野党のまま
2006-04-22-Sat  CATEGORY: 政治
マアリヴは、パレスチナ自治政府で長年治安責任者を務めてきたムハマッド・ダハラン氏と単独インタビューを行った。現在ダハラン氏は政府要職にはなく、民間の職務についている。
ダハラン氏はハマス政権について「彼らは野党慣れしており、モスクに人を集めて政権を攻撃することはできるが、自治区を運営する能力はない」と語った。「ハマス政権の要人たちは、今でも事毎に『自治政府はこうあるべきだ』と、あたかも他人を攻撃するような話し方をする。今や自分たちが政府であるという自覚がない。ひどい事件も起きている。ガザでハニヤ首相を乗せた車列が、一般人の入場が禁止されている場所で治安責任者に止められた。治安責任者は首相の通行を知らされておらず、任務に忠実に彼らの通行を許可しなかった。すると数日後、この治安責任者のもとにハニヤの私兵が訪れ、彼の足に銃弾を打ち込んだ。これはマフィアの手法だ」と、ハマス政権を批判した。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
イスラエル第17期国会はお年寄り国会
2006-04-18-Tue  CATEGORY: 政治
gimlaim.jpg

4月17日に開会されるイスラエル第17期国会は、前期に比較して平均年齢が高い。これは今回の選挙で初登場した「年金党」が高い得票率を得たことによる。 議員最長老は前回と同じ シモン・パレス氏で81歳。
そのほか今国会の構成人員の特徴としては、「学者の増加」「女性議員の減少」「キブツニックの減少」「帰還者議員の増加」などが挙げられる。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
第二のアンネ・フランク
2006-04-08-Sat  CATEGORY: 未分類
最近ポーランドで、アウシュビッツで命を落としたユダヤ人少女が綴った日記が見つかり、ヤッド・ヴァシェムホロコースト記念館に寄贈された。日記を綴ったのはポーランドのベンジン・ゲットーで過ごした後、アウシュビッツで殺された13歳のユダヤ人少女、ラスケル・ルティ。
 日記の中にはゲットーの中でドイツ兵に撲殺される少年の話など、少女が目にしたゲットーでの残虐行為の描写と共に、彼女が恋する少年の話題なども綴られており、地獄のような生活の中で彼女が書き綴った豊かな感受性、人間性が話題を呼んでいる。
 日記を保存していたのは少女ラスケルのポーランド人の親友であったサフィロバさん。彼女がアウシュビッツに送られた後に日記を発見し、最近までずっと手元に保存していた。高齢になったためこの日記を世に出そうと決意し、このたびの寄贈の運びとなった。この日記はまず原語であるポーランド語で出版されたのち、ヘブライ語翻訳が出版される予定。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2006/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。