ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「現在キリスト教思想講座」出版間近。
2007-07-31-Tue  CATEGORY: 未分類
8月末出版予定の「現在キリスト教思想講座」の原稿、今日ようやく最終校正を終え、あとは出版を待つばかりとなりました。今年1月に明石書店から出版された「EUとイスラームの宗教伝統は共存できるか」に続いて今年二冊目の共著になります。
8月~9月は大学の仕事もお休みなので、この期間にぜひアグノン関連の仕事を進めて、次はアグノン関連での出版ができると嬉しいのですが・・・。まだ時期尚早かな・・。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
久しぶりです
2007-07-29-Sun  CATEGORY: 政治
毎日忙しくて、なかなかブログ更新ができません。7月ももう終わりに近づき、大学は休みに入りました。8月も結構忙しいです。まず今週水曜日は三重の津市にイスラエル大使が講演会に来られるので、お手伝いに行きます。その後、元イスラエル観光大臣を務めておられたラビ・ベニー・エロンさんご夫妻が来日され、関西にも来られます。イスラエル留学中は何度かお宅のシャバットに招待していただいたり、息子さんのバルミツバに出席させていただいたり、トーラーの手ほどきを受けたり、本当にお世話になった方です。その後は神戸のスクーリング。ここまでで8月前半終了ですね。がんばろう!
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
夏のスクーリング
2007-07-18-Wed  CATEGORY: ヘブライ語
もう一ヶ月前に発表で遅いのですが、今年の8月13~14日に神戸でヘブライ語スクーリングをすることに決まりました。お正月には「パアル・ピエルの現在形でこれだけ話せる!」という内容でスクーリングを持ちましたが、今回は「イスラエル旅行で必要なヘブライ語を身につけよう!」というタイトルで勉強します。来春(3月)にはまた研修ツアーを出す予定ですので、それに備えてしっかり勉強したいと思います。関西の各クラスで勉強している方々と、今年答案を送ってこられた通信講座の生徒さんたちには案内を送っていますが、それ以外にも詳しい案内欲しい方があったら連絡下さい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コーヘン大使、バス参事官送別の会
2007-07-09-Mon  CATEGORY: イスラエル
taisi.jpg



7月7日の七夕の日、日本イスラエル親善協会主催でイスラエルのコーヘン大使、バス参事官の送別の会が大阪で持たれました。大使は三年半、バス参事官は4年の任期を終えてのご帰国です。会場の350の席はほぼ満杯に埋まり、大盛会となりました。
大使は福岡から大阪に飛行機で来られたのですが、九州地方の大雨のため飛行機が一時間遅れてひやひやしましたが、結局プログラムにはそれほど大きな支障はありませんでした。
大使は講演の半分ほどを日本語で話されましたが、私は通訳をしながら、日本語で話されているのかヘブライ語で話されているのかが途中でこんがらがり、日本語で話された内容をまた日本語に訳しそうになるなど、大汗かいて大変でした・・・。通訳の時の脳の状態は、情報が入ってくる言語と関係なくとにかく頭に入った情報を記憶して、最後には日本語にするという機能に集中しているので、最初の言語が日本語なのかヘブライ語なのかにはあまり意識がはたらかないのです。大使が日本語で話している内容を一生懸命メモして記憶して、最後に「あれ、日本語だったのか」という感じのことが何度かありました。
ともかく、大使の三年半のご活躍は誰もが高い評価をしています。これほど精力的に日本とイスラエルの関係改善に働かれた大使はおられなかったのではないかと思うほどです。ある理事の方も「20年分の仕事をされた」といっておられましたが、決して誇張には聞こえませんでした。今後のご活躍を祈ります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
「共同体に現れる神」
2007-07-04-Wed  CATEGORY: ユダヤ教
「現在キリスト教思想講座」という関西学院大学の教授が編集責任される6名の共著の本が8月に出版されますが、私も「ユダヤ教関連でも一つ原稿があれば」ということで参加させていただきました。3日前にようやく原稿が完成してほっとしています。あとは校正を待つばかりです!
私は「共同体に現れる神」をテーマに、近代ユダヤ民族史、特にシオニズムの歴史とユダヤ教の関係について思想家のアハッド・ハアム、宗教家のラビ・クック、芸術家のナオミ・シェメルの三名を紹介しながら、ユダヤ教が社会の近代化とどのように向き合ったかについて書いてみました。かつて民族の共通の歴史的体験を聖書として残し、また宗教的お祭りとして継承してきたユダヤ教が、世俗化された現代においてどのようにこの「共同体の神」の存在を守り、感じているのかという話です。
次は8月13日、14日のスクーリングの準備にかかります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
遅くなりました
2007-07-03-Tue  CATEGORY: ヘブライ語
200706271624001.jpg

ちょっとアップが遅くなりました。写真はトップページの「ヘブライ大学アルバム」に登場しているヘンさんです。仕事が忙しくなってしばらく京都のヘブライ語レッスンをお休み中ですが、休暇がとれて久しぶりに6月27日に授業に来てくださいました。去年の夏、あの厳しいヘブライ大学のウルパンでヘイクラスに昇級してきたのですから、これから「プトール」目指してぜひがんばって欲しいです!!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。