ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
三田の空気満喫の一日
2009-04-29-Wed  CATEGORY: ユダヤ教
関西学院理工学部の総合コース「諸宗教間連帯の新しい可能性を求めて イスラーム・キリスト教・ユダヤ教・仏教のかかわりあいをめぐって」という授業のユダヤ教を担当して、今年で4年目になります。ユダヤ教に関しては毎年「ユダヤ教の基礎知識」「ユダヤ教とキリスト教」「ユダヤ教とイスラーム教」というテーマで三度の講義を行いますが、昨日4月28日がその第1回目でした。
午前中神戸の授業が終わるとすぐにJRで新三田駅に向かい、そこからバスで大学に行きます。普段都会の中ばかりで過ごしている私にとって、この美しい山間を走るJR福知山線に乗る時間は本当に癒しのひと時です。新三田駅周辺は日本的な田園風景がまだ残っていますが、関西学院周辺の丘陵地帯までバスで走ると、こちらはヨーロッパ風の田園風景が目を楽しませてくれます。今日は気候も良く(時々パラパラっと小雨がありましたが)、キャンパスにに着くまでにすっかり気分も一新されました。
授業は三百人ほどの講堂(チャペル)で行われますが、今年もパイプ椅子を追加して席を作るほどの超満席でした。今日の講義は、古代イスラエルの宗教がエジプト奴隷時代、バビロニア捕囚時代、ローマ迫害の時代など、民族の危機を迎える度に新しい形に進化していったというユダヤ教発展の歴史と、その過程で生まれたイスラエルの宗教のエッセンスが、どのようにキリスト教の発生に重要な要素となっていったか、という内容を話しました。
関学の授業で一番嬉しいのは、必ず授業のあとに数名質問にやってくることです。今回も数名の学生が質問に来て、「ユダヤ教の話は始めてだったので、一生懸命ノートを取りました」と言って、随分長い時間質問や話をして帰りました。私は今日の講義の最後に、ラビ・ヒレル、イエス・キリスト、ラビ・アキバという、ユダヤの偉人たちが語ったトーラーのエッセンスはとても似ている、という話をしました。授業後質問に来た学生たちが「その言葉にとても興味を持ち、心に残りました」と言うのには、正直驚きでもあり、今日一番の私の喜びでもありました。

講義後、日暮れ前の丘陵を眺めながらの三田の空気はさらに美味しく、満足度の高い一日となりました。そして帰りの電車の中で考えることは・・・「帰ったらビール(実はリキュール《発泡性》)がうまいぞ」!!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
大阪クラスの教室
2009-04-18-Sat  CATEGORY: ヘブライ語
大阪では毎週金曜日と隔週土曜日の授業を、森ノ宮の府立青少年会館で持っていますが、ここが府の方針でもうすぐ閉鎖になります。それで新しい会場を探していたのですが、本当にうってつけの場所が見つかりました。
なんと大阪駅前第2ビル内の、北海道大学同窓会会館です。私は北大関係者ではありませんが、生徒さんの中に北大出身の方がおられ、借りられることになりました。立地も大阪のど真ん中ですし、交通アクセスの面からもこれ以上の場所はありません。
実はこの3月に北大を訪問し、クラーク博士、内村鑑三、新渡戸稲造らの縁の地を訪問したばかりだったので、なんとも不思議な感じがしています。また札幌で最初にヘブライ語の授業を持ったのは、北大のすぐ横にあった「北海道クリスチャンセンター」だったので、「北大」という響きは何か懐かしくもあります。
とにかく5月からの新スタートですが、クラスの平均年齢はなんのその「ボーイズ・ビー・アンビシャス」の気持ちではじめましょう!詳細はまたHP上で発表します。

もう一つ嬉しいことがありました。毎週金曜個人レッスンで勉強している生徒さんが、初めて「イスラエルに語学留学したい。そのために留学資金も貯め、勉強もさらにしっかりしたい!」という夢を語ってくれたことです。アラビア語でMAまで出ている方ですが、ここ数年はヘブライ語にはまっておられます。今年イスラエルツアーに参加して、よりイスラエル留学の夢が具体的になったとのこと。 フレー・フレーAYM!!!!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
新学期
2009-04-10-Fri  CATEGORY: ヘブライ語
阪大豊中キャンパスでは、あちらこちらで建物の耐震工事をしています。その関係でいろいろな部屋の移動が激しく、新学期初日の今日は部屋の確認でおおわらわでした。非常勤講師の控え室、文学部・文学研究科の教務、ヘブライ語の授業を行う教室も全てが変っていました。私は恥ずかしながら、授業の教室を探すのに手間取り、約十分の遅刻。言い訳をすれば、建物内に掲示してある教室見取り図と、実際の教室番号が違っていた!!

ヘブライ語は今年からまた初級スタートです。新学期第一回目の授業をしてまず驚いたのが、今日の出席者の半数がすでにヘブライ語の独学をしているということ。そして大学の単位とは関係なく、純粋に学問上の必要と興味でヘブライ語を学びに来ている大学院生が多いことにも驚きました。一人はすでに聖書ヘブライ語の文法書をかなり読んでいるというので、研究会の紹介をしたら「ぜひ出席したい」とのこと。学部生も院生も、みんな知的興味と欲求が強い生徒が集まっている、という印象を受けました。これから楽しみです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
桜の京都
2009-04-08-Wed  CATEGORY: 未分類
京都の桜は、今が最高です。いつも空き席の多い京都行きの京阪電車特急も今日は超満員になっていました。ヘブライ語の授業は三条京阪周辺数箇所と、京都会館とで行われますが、どこを歩いても見事な桜が目を楽しませてくれます。ぽかぽか陽気に誘われて、授業の合間の散歩を楽しみました。桜とヘブライ語で、今日は春の京都を満喫!!


三条大橋付近、鴨川です。この近くのスターバックス地下はお気に入りのレッスンルーム。

20090408150842.jpg
高瀬川沿いの木屋町通を歩いて、2条通りにあるIさん(去年一緒にイスラエルに行った生徒さん)の事務所に向かいます。

20090408170236.jpg
夜のレッスンを開いている京都会館周辺の琵琶湖疎水。ここも桜の名所です。今日は見当たりませんでしたが、桜の季節にはよく観光客を乗せた船が行き来しています。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ようやく要約提出
2009-04-04-Sat  CATEGORY: ヘブライ語
アビグドール・シャハン博士の著書「サンバティオン側の彼方へ」をようやく読み終え、要約文を作って出版を予定している出版社に提出することができました。去年の8月シャハン氏をイスラエルに訪問してから、半年以上がたってしまいました。5月にはシャハン氏が再び来日する予定なので、とにかくその前に終わらせたかったので、ほっとしています。
ヘブライ語で400ページの書物で、英語訳も450ページあります。日本語で全訳を出せるのかどうか、今後の出版社の判断です。シャハン氏は「一部だけの翻訳出版なら許可しない」とも言っていましたが、ビジネスとして成り立つのかという問題もあり難しいところです。どちらかと言えば、面白い読み物というより学術論文に近い文章です。さて、今後どうなるか、楽しみです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/04 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。