ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
すでに夏バテ・・
2009-06-30-Tue  CATEGORY: 未分類
久し振りのブログです。いままで自宅用に使っていたパソコンが、数週間前から突然「ストップエラー」を出すようになり、どんどんひどくなってついに立ち上げることもできなくなりました。すべてリカバリをしてみても、しばらくすると同じ状態になるので、コンピューターに詳しい知人に聞くと「おそらくハードディスクが物理的にダメージを受けてしまったのでは?」と言われて、とうとう諦めました。
今は、授業などへの携帯用に使っている小さなラップトップをメインに使っています。でもこのパソコン、画面もキーボードもミニサイズ、さらにVISTA搭載なのにプロセッサが弱くて、遅くて使いにくい! 長時間の作業はとても大変ですが、しばらくこのマシーンでがんばることにしました。
それにしてもこの数日の湿度の高さは異常です。なんという不快感。毎日汗だらだら流しながら過ごしています。すでに夏バテ気味・・・。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
イスラエルからの来客
2009-06-19-Fri  CATEGORY: 未分類
私がアグノン研究でお世話になっているバルイラン大学のヒレル・ヴァイス教授から久しぶりのメールをいただきました。内容は、まず今私が取り組んでいるアビグドール・シャハン博士の著書の翻訳は進んでいるかということ。これには、「忙しくてなかなか進みません・・・」と答えました。
もうひとつは、この夏ヴァイス教授の友人で、お二人とも大学教授という方たちが来日したいとのこと。数年前ヴァイス教授が来日したときには、私がメルカズ・タル・オロットの名前で招待状を出しました。「今回も日本で講演の機会があれば嬉しい」ということですので、早速阪大の「ユダヤ文化・ヘブライ語研究会」の名前で招待状を出して頂くことにしました。お二人はどちらもユダヤ文学の専門家。8月あたりに講演会など計画できればと思っています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
カバラー
2009-06-08-Mon  CATEGORY: ユダヤ教
このブログでも何度か紹介したセラピストのレファエラさんが、最近持たれたユダヤ神秘主義、カバラーの講習会に行ってこられました。普段はもちろんヘブライ語のレッスンを受けておられるのですが、この講習会の前にユダヤ人が一番大切にしている祈りを知っておきたいということで、一緒にシェマーの祈りやカディッシュの祈りをヘブライ語とアラム語で読む時間を持ったりしました。
さて、そのレファエラさんから先日嬉しいメールが届きました。「先生にヘブライ語で話しかけたら、『日本でまさかヘブライ語を話す人に会えるとは思っていなかった』と大喜びされ、完全に家族扱いになりました」とのこと。ヘブライ語を教える者としても、こんなに嬉しいことはありません。ユダヤ人の心に触れるには、やはりヘブライ語ですね。
kabbalah
カバラー繋がりで、一枚の写真。この「KABBALAH紙袋」は、私の思い出の袋なのです。アグノンのある作品を翻訳している時のこと、カバラーの聖典、ゾハルの引用が何度か登場してきました。ゾハルは難解なアラム語なので読んでもちんぷんかんぷん、その都度イスラエルの大学教授にメールを送って助けを請いました。独力でこれを読むために、エルサレムに行ったときに「スーラム(梯子の意)」という有名なゾハル注解書(全26巻)を買うことにしました。
エルサレムの中心街にカバラー専門の書店があるのは知っていたのですが、私は「かび臭い店内に、長ーいひげを生やしたおじいさんが座っている店」のようなイメージを持っていました。「ヒレル通りにあるよ」と他の書店で言われて、何度も行き来するのですが、それらしい店がありません。一軒、まるで高級ブティックのような店舗があったのですが、「かび臭い」に囚われていた私の目には入らず何度か通り過ごしていました。何度目かに、ふとその店舗の看板を読むと「KABBALAH」とあるではないですか!そしてレジに座っている店員は白ひげに黒い帽子をかぶった老人ではなく、まるでファッションモデルのような美女!
「スーラム全巻下さい」と目的のものを購入したあと、美女店員といろいろ話していると、その店ではカバラーの世界普及を目指す運動もしていて、「日本人で買いに来たのはおそらくおなたが初めてだから、あなたカバラーショップの日本支社にならない」と、カバラー日本進出の話題で盛り上がりました。「まあ、10年に一セットも売れないでしょうから、やめときます。」と断りましたが、ふと目に留まったのがこの写真の紙袋。「記念にこれ下さい」と4、5枚貰ってきました。最近は「カバラーアクセサリー」も結構流行っていて、イスラエルのあちこちで見かけます。ゾハルやスーラムはちょっと無理でも、このアクセサリーなら日本でも受け入れられるかもしれませんね。部屋にぶら下がっているカバラー紙袋を見るたびに、「メルカズ・カバラー・ベヤパン」を夢想しています。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
キャノン用互換インク
2009-06-05-Fri  CATEGORY: 未分類
ヘブライ語とは関係ありませんが、ちょっとお知らせ。
プリンタを買い換えた関係で、いままでストックしていたインクが使えなくなりました。純正ではなく、エコリカ リサイクルです。使えるプリンターを持っている方がおられたら、送料を負担してくだされば無料で差し上げます。
インクの種類は、BCI-3eBKが二本、BCI-7M,Y,C,BK それぞれ一本です。
着払いでお送りします。捨てるのは勿体無いので、どなたか貰って下さい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
HPのありがたさ
2009-06-05-Fri  CATEGORY: ヘブライ語
昨日、中国・上海に住む方からメールを頂きました。この方は数年前まで通信講座でヘブライ語を学んでおられた生徒さんで、中級まで進まれました。その後事情があって中断しておられたのですが、「また志新たに、初級からやり直したい」とのこと。随分長い間コンタクトがありませんでしたので、突然のメールに私も驚きました。しばらくは中国滞在が続くとのことですが、ネットを使った添削で授業を進めることになりました。
メルカズ・タル・オロットのHPは、このブログと講座日程以外あまり更新していないのですが、今更ながらネット上に「ヘブライ語講座、開いています!!」という状態をお知らせできるだけでもつくづくありがたいことだと思います。5年ほどヘブライ語から遠ざかっておられたこの生徒さんも、とにかく数年ぶりに無事コンタクトが取れたということだけで、本当に喜んで下さいました。これからも世界に点在する(ちょっと大げさ・・)日本語でのヘブライ語学習者のために、がんばっていきます!

HPも本当はリニューアルしたいのですが、ちょっとまとまった時間が必要なのでまだ手が付けられないでいます。HPを作って下さり、またいつもメンテをして下さるヘンさんには、本当に感謝です!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/06 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。