ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ハナン・ヨベルさん旅行記(2)
2010-08-15-Sun  CATEGORY: 未分類
ハナン・ヨベルさんは熊本、大阪、東京の三か所でコンサートを持たれました。コンサート中は私は通訳だったため残念ながら写真はありません。
コンサートの内容を打ち合わせしながら、さすがプロの音楽プロデューサーだと感じることがなんどもありました。三度のコンサートで毎回歌われる曲もかなりのパーセントありましたが、でも構成は毎回変わります。それを考える工程にずっと一緒にいたのですが、面白かったのは必ず奥さんのヤイーラさんの意見を聞かれること。このくらいの構成で何分になるとか、こういう曲は入れたほうがいいとか、奥さんのアドバイスがとても的確なのに驚きました。かといって決して出しゃばるわけではなく、まさに内助の功です。こういう方が聖書でいう「エシェット・ハイル」(勇敢で賢い妻)なのだろうと、勝手に納得。
最後のコンサートは東京で、8月6日に持たれました。この日は広島に原爆が投下された日だったのですが、ハナンさんは原爆資料館に訪問されたこともあり、特にこの日を大切に感じておられました。ハナンさんの持ち歌の中に、ユダヤ教で最も大切な祈りの一つである「カディッシュ」に、ご自分でメロディーをつけられた歌があります。この歌は毎日の祈り以外に、葬儀や墓参の折にも祈られます。ハナンさんは「今日はぜひ、原爆の犠牲者のためにこの祈りの歌を捧げたい」と言われて、祈りをこめて歌われました。
コンサートが終わり、片付けが始まったころ、一人のご婦人が泣きながら私のところに来られました。「私は広島出身で、原爆投下の時には1歳でした。私の母は私を背負ったまま火災から逃れ、川に飛び込んで私の命は助かりました。その母が先月亡くなりました。今日のカディッシュは、私の母の魂に捧げられたと思い、感謝したくて・・」と泣きながら言われます。すぐ舞台裏におられたハナンさんのところに行き、その話をしましたら、ハナンさんも、思いがけない出会いにとても感激しておられました。

ハナンさんは移動の新幹線の中で、「歌手の役割は、機関車のようなものだ。私は自分の人生の思い入れを込めて歌うが、聞いている一人一人がその機関車に、自分の人生という車両をつなげてほしいんだ。そうして一つのコンサートが完成していく」と語っておられました。このご婦人の話は、まさにそのようなコンサートであったことの良い証明だと思います。

また新大阪駅に行った時のこと、朝のラッシュでものすごく混雑しているのを見た時に「ここにいるどの人一人をとっても、その人の周りや内側にはものすごい大きな世界がある。シュロモーにも、シュロモーしか持たない莫大な世界があって、私との接点はその一部にしかすぎないだろう。一人の人が死ぬというのは、その莫大な世界が消えてしまうことだ」と語っておられました。行きかう群衆を見てそのような話をされるのには驚きましたが、人間一人一人をそういう気持ちで見ておられるからこそ、心をこめて歌う歌は、必ず一人一人の心に響くと確信できるのだと感じました。

東京コンサートが終わったあとの感謝会会場で。ベンシトリット大使ご夫妻もコンサートに来られ、感謝会にも残られました。
DSCF3431s.jpg

大使を交えて、最後の記念撮影。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
ハナン・ヨベルさん旅行記(1)
2010-08-05-Thu  CATEGORY: イスラエル
7月25日にイスラエルの歌手、ハナン・ヨベルさんご夫妻が来日されてから、私はずっと旅行を同行させていただきました。これまで熊本、大阪でコンサートがあり、明日は東京のコンサートです。
もう10日以上一緒に過ごしていますが、本当に気さくな方で、また周りの一人一人に細かい気遣いをされる方です。
コンサートの様子はまたじっくりと書くとして、今日は日本旅行の様子をほんの少し紹介しましょう。

DSCF3320s.jpg
京都では金閣寺、秦氏ゆかりの広隆寺、御所などを見学しました。京都の龍安寺にて。

DSCF3330s.jpg
嵐山の渡月橋をバックに。暑い暑い京都旅行でした!

DSCF3341s.jpg
ご本人のたっての願いで、広島原爆資料館に行きました。その夜は宮島のホテルで乾杯。この食事前にはなんと同行スタッフをご自分の部屋に呼んで、ギターを弾きながら感謝の歌を歌ってくださいました。 感激!

DSCF3346s.jpg
宮島に泊まった夜は、なんと平清盛がはじめたという、一年に一度の管弦祭の夜でした。大雨だったのですが、お二人は提灯行列にもさんか、古風の祭りを堪能されました。これはその翌朝の写真。

DSCF3353s.jpg
熊本でのコンサートを前に、阿蘇旅行。噴火口にて。

DSCF3355s.jpg
これは熊本コンサートの翌日です。熊本城の武士? と共に。

DSCF3382s.jpg
また京都に戻り、舞妓さんの杏佳さんと。見よハナンさんのこの笑顔!

DSCF3418s.jpg
「ハタン ヴェカラー」(花婿と花嫁)と言って、大はしゃぎでした。ちなみに杏佳さんのいる「つる居」の若旦那さんはヘブライ語を学んでおられます。





ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2010/08 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。