ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今年に入って1000発のミサイル攻撃
2006-11-19-Sun  CATEGORY: 軍事・防衛
 ガザ地区から今年1月からイスラエル領内に向けて発射されたミサイルの数は、11月18日で1000発に達した。平均すると一日3発のミサイルが打ち込まれた計算になる。ミサイルの破壊力と射程距離も日に日に向上しており、ミサイル攻撃が始まった頃は5㎏ほどのミサイルで、射程距離も1kmほどであったのが、今では90㎏、射程も10kmを越えるミサイルが登場しており危険度は格段に増している。日常的にミサイル攻撃を受けている西部ネゲブの町スデロットでは多くの住民が移住を強いられるなど、日常生活にも大きな支障を来たしている。ミサイル攻撃が始まって以来この数年の死傷者も400人を越えており、第二のレバノン化の懸念が強まっている。
 イスラエルは11月はじめミサイル攻撃阻止のためにガザに対して軍事行動を起こしたが、その最終段階でイスラエルが行った砲撃により20名のパレスチナ一般住民が殺害された。この事件に対して国連が調査団を送ることを決定したことを受けてオルメルト首相は「我々が今回の悲劇に対する返答をする必要はない」と、一般住民を隠れ蓑にイスラエル市民への攻撃を続けるテロ組織にその責任があることを強調した。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。