ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「レバノンとの経済協力の容易がある」ペレス副首相
2006-12-02-Sat  CATEGORY: 政治
ニューヨークで次期国連事務総長のパム・ギムン氏と会談したシモン・ペレス副首相は、特にレバノンとガザに関する問題について話し合った。ペレス氏はレバノンについて、「誰もがレバノンの安定を望んでいる。そのために国連の役割は重要である。特にイランのヒズボラへの支援を監視する国連の役割は大きい」と延べ、また「レバノン政府が国のインフラ整備や経済協力を望むのであれば、イスラエルは協力する用意がある」と話した。
 またヒズボラに拉致された兵士たちの安否がいまだ確認できていないことについて、パム・ギムン氏は「今後も国連として努力を続ける」と述べた。
 ペレス氏はさらにガザにおけるイスラエル国防軍の行動に対して国連が調査団を派遣することについて、「まず国連が調査すべきはハマスなどパレスチナ側の無差別攻撃であり、それに対するイスラエル側の反撃ではない。」と述べて、国連の対応に不快感を示した。また「ハマスは今後世界が好意的に見ているアッバス議長を利用して、世界がパレスチナ援助の再開をはじめることを狙ってくる」と語り、ハマス政権がイスラエル攻撃をやめない限り、決しては増す政権の援助は再開すべきではないとの見解を示した。 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。