ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
オルメルト首相、ローマ法王と会談
2006-12-14-Thu  CATEGORY: 未分類
 ドイツ、イタリアを歴訪中のオルメルト首相は13日、ヴァチカンでローマ法王と会談した。オルメルト首相はまず、先日イランのテヘランで開かれた「ホロコースト否定の国際会議」について言及、すでに国連事務総長や西欧各国の元首らがこの会議に対する非難声明を出しており、またヴァチカンも12日には同様の声明を出しているが、「ローマ法王自らの声で、ぜひ非難声明を出してほしい」と要請した。
 一方ローマ法王はイスラエル政府に対し、イスラエル国内のカトリック教会の財産への非課税化や、ベツレヘムなどの聖地に信者らが、より訪問しやすい処置をとることなどを首相に要請した。カトリック財産の非課税化は、この13年間協議が続けられてきた問題であるが、現在イスラエル法務省はカトリックに特例を認めることが前例となり、他の諸宗派に対しても同様の処置を取らざるを得なくなることを懸念して、非課税化には応じていない。
 またオルメルト首相は、ヴェネディクト法王のイスラエル訪問を提案、法王はこれに快く応じたとのこと。首相は記者会見で「具体的な期日の検討に入る」と話した。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。