ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
中川大臣辞任
2009-02-18-Wed  CATEGORY: 未分類
中川大臣が記者会見酔っ払い疑惑で辞任したことはイスラエルでも報道されています。私も「これは恥ずかしい!」と思ってテレビを見ていましたが、イスラエルでのインターネット書き込みを見ると、このような辞任の仕方は日本の潔い文化??と、受け取られているような内容が多くあったので、驚きました。
「ハアレツ」紙に寄せられた反応をちょっと紹介すると「日本では大臣が辞任して、国の名誉は守られる」「このような政治文化は(素晴らしい)。イスラエルでは汚職と戦争の指導ミス(第二次レバノン戦争のこと)で120人もの兵士を殺した指導者が、まだ地位にしがみついている」「どうかイスラエルに来て、カディーマに参加して下さい」「ハラキリはなさらないように」など、引責辞任を、日本的で潔い文化だと評価しているようです。今回のドタバタを見ていると我々にはそうは思えないですが、遠くで見ているイスラエル人の評価は面白いものです。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
■09年度予算の衆院通過を待たずに辞任=中川財務相-海外の習慣と、メディアには気を使え!
コメントyutakarlson | URL | 2009-02-18-Wed 10:09 [EDIT]
こんにちは。今回の辞任劇に関して、勉強不足の日本のマスコミが見逃していることがあります。それは、アングロ・サクソン系の上流の人々は、酔った姿を決して他人に見せてはいけないという習慣があることです。イスラエルでは、飲酒に関しては、寛容なのでしょうか?日本や、ドイツなどでは、ビアホールで酔って歌って騒ぐというのは当たり前のようになっています。だから、多少の酔いには寛容です。しかし、アングロ・サクソン系では、このような習慣はありませんし、そもそも少しでも酔っている姿を人に見せるということは下品なこととされます。だから、風邪薬が原因だろうとなかろうと、今回の中川さんの醜態は、見るに見かねる容認しがたい姿なのだと思います。この出来事の報道に関しても、やはりアングロ・サクソン系の国々のものがかなり厳しいものがありました。やはり、海外に出かけるときには、他国の習慣やメディアには十分気をつける必要があります。その意味では、中川さんや、側近の人々も油断したと思います。詳細は是非私のブログをごらんになってください。
コメントSolomon | URL | 2009-02-18-Wed 23:46 [EDIT]
yutakarlsonさん、シャローム。
イスラエルが飲酒に対して特に寛容な国、ということはないと思いますが、様々な民族や国々の習慣が入り混じっている国ですから、多種多様な価値基準があると思います。個人的な体験としては、日本のように酔っ払った人たちに出会ったことはあまりありません。
今回の中川大臣の辞任だけでなく、かつて福田首相が辞任した時にも、イスラエルでは同様の反応がありました。どちらも、いろいろと汚職疑惑があったり、第二次レバノン戦争で責任を追及されたりしてもずっと首相職にある、オルメルト首相への反発として書き込まれたものだと思います。それが圧倒的に多いものですから、日本文化への過度の美化もあるのではと思って、興味を持って紹介をしました。
もし、中川大臣のような醜態をイスラエルの閣僚がさらせば、イスラエルでも同様な自体になると思います。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2009-02-19-Thu 20:18 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメントSolomon | URL | 2009-02-20-Fri 09:54 [EDIT]
メールで返信したいのですが、返送されてきます。正しいメールアドレスを教えて下さい。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2009-02-20-Fri 10:31 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。