ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
アッバスの真の試練は、ヒズボラ、シリア、イラン(24日)
2005-01-27-Thu  CATEGORY: 軍事・防衛
20050127112910.jpg

ハマスやイスラム聖戦など、パレスチナ過激派のイスラエルに対するテロ攻撃の沈静化に一応の成果を挙げているパレスチナ自治政府議長、アッバス氏の真の試練は、シリアやイランの圧力 - このような観測がイスラエル国防軍のある高級将校によってなされいている。
「ヒズボラ、さらにはヒズボラを支援するレバノン、シリア、イランなどの国々は、ガザや西岸地区が出来るだけ混乱することを狙っている。それはイスラエル国内が平穏になれば、イスラエル国防軍の力が一気に『レバノン国境』に注がれるからである。」と、この将校は語っている。それゆえ、ヒズボラはパレスチナ過激派に多大な資金援助をし、テロを奨励してきたのである。パレスチナ過激派がテロを行う最大の目的も、資金援助を受けることであり、アッバスと過激派の交渉も、彼らがテロを停止した後の『経済援助』が焦点であった。
今後パレスチナの平穏化を嫌うヒズボラ、シリア、イランがアッバス氏に脅迫をかけてくれる可能性は高く、その時こそ彼の本当の試練の時である。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。