ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
国防相シャウル・モパズ氏とムハマド・ダハラン氏が会談(31日)
2005-02-01-Tue  CATEGORY: 軍事・防衛
20050201095937.jpg

イスラエル国防相、シャウル・モパズ氏と、パレスチナ自治政府議長の治安顧問を務めるムハマド・ダハラン氏は、1月29日から31日にかけ、西岸地区の権限委譲やテロの完全停止などについて会談を持った。

一連の会談の中でモパズ氏は、武装組織の完全な武装解除、武器密輸に使われているガザとエジプトを結ぶトンネルの完全封鎖、パレスチナのテロ活動を支援するヒズボラとの断交などを要求。特に月曜日、ガザ入植地のグッシュ・カティーフに五発の迫撃砲が打ち込まれたことを受け、さらに徹底したテロ対策を取るよう求めた。
一方ダハラン氏は、西岸地区のシケム、ラマーラ、エリコなどの町の治安維持計画をモパズ氏に示し、治安権限の委譲を要求、これに対しモパズ氏は、権限の委譲は今週に持たれる閣議で決定され、静寂が保たれるなら段階的に行われるだろうという観測を示した。
さらに二人は、パレスチナ囚人の釈放や、ガザとイスラエルを結ぶ通過門の開放などについても話し合った。二人は今後も治安問題について会談を重ねる予定。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。