ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
シャローム・イスラエル余波
2010-02-27-Sat  CATEGORY: イスラエル
シャローム・イスラエルが終わって二週間がたちますが、まだいろいろと余波が続いています。
シャローム・イスラエル当日、一本の電話がありました。それは「今日はどうしても出席できないが、今日配られる資料だけでも頂けないでしょうか?」という男性からの電話でした。
シャローム・イスラエルのイベントが終了して数日後、電話の主の家が我が家からそう遠くないこともあって、ご自宅まで当日のプログラムや歌詞カードなど、参加した皆さんに配られた資料を持って行きました。
電話の主のTさんは80歳に近い方で、「どうぞどうぞ」と快く家に上げて下さり、なぜ資料を欲しかったのかを話して下さいました。

朝鮮戦争のころ、大阪のある病院に負傷したアメリカ兵士が運ばれてきた。当時Tさんはまだ学生だったが、偶然その兵士と知り合いになり、その後50年以上に亘って文通をする大の親友となった。その兵士はドイツ出身のユダヤ人で、かつてアウシュビッツに収容された経験があった。第二次世界大戦後アメリカに渡ったが、まだ永住権が取れないでいた。そこで、朝鮮戦争に志願兵として参加することで米国への愛国心を示し、永住権をとろうとしていた。
そのユダヤ人はやがてアメリカの大学で教授となるが、イスラエル建国運動であるシオニズムには心から共感し、毎年のようにイスラエルを訪問、また多くの寄付をしてきた。Tさんも彼との文通を通してシオニズムに意義を学び、2000年も国を失った人々が再び故郷に帰って来て国を作るというストーリーに、心から共鳴してきた、という話でした。

Tさんが語られるのに、日本でユダヤと関連のあるものを見つけると、すぐその親友に送っているのだそうです。そこで今回の「シャローム・イスラエル」には何としても出席したかったが、どうしても他の用事があるので、せめて資料だけでもいただけないか、ということだったのです。
「みなさんの活動をこれまでもいろいろ彼に紹介してきたのですよ。日本がどれほどユダヤ人に暖かな心を持っているかということを、みなさんが今現在も証明して下さっているので、私は誇らしくてならないのです」と、涙ながらに語って下さいました。一人のユダヤ人親友の、若い時からの苦労をつぶさに見聞きしてきたTさんは、彼に心からのシンパシーを持っておられるのでしょう。まるでユダヤ人から感謝されているかのような錯覚を覚えました。「シャローム・イスラエル」を通して、このような出会いが広がっていることは感動です。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。