ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
エルサレム3
2010-04-16-Fri  CATEGORY: イスラエル
私の留学時代と比べると、エルサレムの発掘があちらこちらで進んでいますが、今回の旅行でそれを一番実感したのがダビデの町でした。ダビデの町の水源があるギホンはソロモン王がイスラエルの王として油を注がれた場所でもあり(列王記上1章38節)、私にとっても大切な場所?です。
david1
ここはダビデの町の東側に位置する山。なぜ写真を写したかと言うと、アラブ人の家々が折り重なる様子が、おそらく数千年前のダビデの町もこのような感じではなかったのかと思われるからです。

david2
現在のダビデの町と、古代の町の想像図。

woren
ギホンの泉から水をくみ上げるための竪穴に続くトンネル。古代の町を訪れると、水を手に入れるため人々がどれほどの努力を費やしているかがわかります。

gihon
ちょっとわかりにくいですが、今もこんこんと水が湧いているギホンの泉です。ここからヒゼキヤの水道を流れて、シロアムの池に至ります。この水道や池は、アッシリアとの戦争に備えて整備されたものです。

siroamu2
ダビデがエルサレムを占領する前、カナン時代の建造物の復元図です。ダビデがエルサレムを占領したとき、町の住民エブス人が「決してダビデはここを落とすことはできない」と自信をもって言うほど堅固な町でした。

siromamu
シロアムの池の一部。ヒゼキヤの水道を通過した水は、今は上に見える黒いパイプを通って、谷の方に流れていました。地元の人に聞くと、農業用水などに使われているとのこと。

emil1
夜、希望者数名で、2月の「シャローム・イスラエル」で演奏して下さったアコーディオニストのエミールさんの自宅を訪問。エルサレムの郊外「ギブアット・ゼエブ」という町です。奥さんのローザさんともども大歓迎して下さいました。

emil2
夕食をごちそうになったあと、なんと私たち4人のためにミニ・コンサートを開いて下さいました!! まさか自宅で演奏して下さると思っていなかったので大感激。ローザさんでさえ「エミールは家ではほとんど演奏することはないのよ」と言っておられました。おいしいワインもいただき、とっても贅沢な夜を過ごしました。


つづく
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。