ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ビアドロローサとゴルゴダ
2010-04-19-Mon  CATEGORY: イスラエル
私たちが悲しみの道、ビアドロローサを歩いたのは、この旅行中初めての雨天の日でした。エルサレムの城壁東側では唯一の開かれた城門、ライオン門から入城し、ベデスダの池を通って、ビアドロローサに至ります。

via1
第1、第2ステーションを過ぎて最初の曲がり角を左に曲がると、北のダマスコ門から南の糞門に至る旧市街のメイン通りの一つに出ます。写真はその通りに沿った場所にある、第3ステーション。十字架の重みでイエスが倒れたと言われる場所です。

via2
この同室のお二人、歩く時もいつも一緒。雨が降ってきてお二人の距離はより近くなったようです。(ほどんど隙間なし・・)

via3
ここに住んでいた聖ベロニカが、イエスの額に流れる血をハンカチで拭き取ってあげたところ、そのハンカチにいばらの冠を冠ったキリストの姿が写し出された、という言い伝えのある場所です。女性参加者たちで記念撮影。

via5

via4
ビアドロローサの最後は聖墳墓教会の中、イエスが葬られたとされる洞窟です。巡礼者が多くこの日は約一時間待ちでした。写真は、墓の上に立つ箱の出口。

gan1

こちらはもう一つのゴルゴダの丘「園の墓」です。「ゴルゴダ」としての伝承の長さは聖墳墓教会に比べると圧倒的に短いのですが、なにしろ仰々しい建築物が何もなく、園として奇麗に整備されていますので、すがすがしいです。

gan2

雨も上がり、野外でしばらく静かに祈りました。

さて、いよいよラスト一日です・・・


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。