ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
アミシャブ
2010-07-01-Thu  CATEGORY: ユダヤ教
 「アミシャブ」というイスラエルの機関をご存じでしょうか? 以前日本のテレビ番組でも紹介されましたが、イスラエルの失われた十部族の足跡を探して活動しているグループです。数年前にはインドで発見されたマナセ族の子孫を1000人以上イスラエルに帰還させましたが、その時のことは、私も「月刊イスラエル」の記事に書いたことがあります。
 このアミシャブのトップであるラビ・エリヤフ・アビハイルとその息子のラビ・ダヴィッド・アビハイルとが先日来日され、十部族の研究に取り組んでいる「聖書と日本フォーラム」が中心となった講演会が各地で持たれたのですが、私は京都、神戸、大阪、そして沖縄で通訳として同行させていただきました。初めてアミシャブのラビたちと会って数日を一緒に過ごし、彼らに対する私のイメージも随分と変わりました。
 これまでみのもんたのテレビなどでかなり派手に「十部族調査機関が日本での調査を始める」とか「DND鑑定を行う」などといかにも大々的な活動を行うかのようなイメージで取り上げられていたので、ファナティックな部分が多少あるのかと思っていましたが、会っての印象は「温厚な普通のラビさん」です。また話していると、彼らの調査というのは何もイスラエルの末裔であることを科学的に証明しようとするものではないようです。大切なのは「第一に、聖書の預言にあるようにイスラエルのシンボルを守っている種族を探し出すこと。もしその種族が、自分のルーツがイスラエルであるという自覚を持ってくれれば、ユダヤ教への改宗とイスラエルへの帰還を勧めるが、何万という人々をイスラエルの連れてくることなど考えていない。それはメシアの役割だ」と言っていました。実に誠実に予言の成就のためにできる活動している、という印象です。

 アミシャブは、日本については、まだまだ慎重にユダヤ的なシンボルの確認をしているという感じです。特に神道に残されている習慣、儀式、神殿の作りなどに興味を持っておられました。息子のダヴィッドさんは哲学者で、彼の講演は十部族に関することではなく、ほとんどユダヤ哲学の内容でした。実は彼は日本に十部族が来たと判断することには父親より慎重で「私はまだ神道に、それほどユダヤ的な決定的シンボルは見いだせない」と個人的には話していました。ですが講演では「ユダ族とエフライム族の役割」という内容を非常に面白く話してくれました。
 それは、ユダ族の役割は人間の頭脳に相当し、精神的な部分を司る。しかしこれは放っておくと勝手な進化を遂げてしまう可能性があり、その精神性を十分に表すためには「ヨセフ(エフライム)」が持つ「統率、抑制」などの資質が必要なのである、とのこと。
 ヨセフ(エフライム)とは何かというと、それは「実際能力、力の抑制、システムの構築」などの能力にたけた、民族のボディー的な役割を果たす部族である、というのです。だからヨセフはエジプトの経営を任されるほどの手腕を発揮できた。
 「日本に初めて来て、この国の秩序正しさ、人々の礼儀正しさに触れて、これこそエフライムの持つ特性だ」と、日本の印象を語っておられました。「ユダ族の独創性と創造性、それにエフライムの勤勉さ、統率性がひとつになると、素晴らしい民族になる」と。日本とユダヤが同族かどうかの結論は別としても、両国の特性が一つになれば大きな世界貢献ができるという考えには私も賛同しました。

 各講演会の後には質問の時間が設けられましたが、中には変な質問がありました。一つはある婦人がされた「今のイスラエルのユダヤ人の顔は本当のユダヤ人の顔ではないのではないか」「イスラエルの地は実はアラビア半島だと聞いています」という質問。前半の質問に対してラビは「ユダヤ人かどうかというのは、顔形も、ロシア人だとか、日本人だとか、アフリカ系だとかという種族も、DNAも関係ない。魂の問題だ」と答えていました。さらに「君が良い例だ。顔つきは日本人でありながら、全く雰囲気はユダヤ人だ」と言われたのには驚きましたが・・・。

「ユダヤ人とは誰」という問いは非常に難しいことは確かですが、顔つきをユダヤ人判別の基準として議論することは彼らの歴史を考えればナンセンスでしょう。また、ユダヤ教を受け入れた人々は100パーセントユダヤ人だというのがユダヤ教の考え方ですから「改宗ユダヤ人は本当のユダヤ人ではない」ということはありえないということです。後半の質問に至っては、「何を言っているのかわからない、ユダヤ人をイスラエルから追放したいということか??」と、真面目な質問なのかどうかさえ判断できないようでした。日本には基礎的知識もないまま、突拍子もないおかしな説に飛びつく人が結構いるのに驚きます。


羽曳野市会場にて

DSCF3292s.jpg

沖縄、南城市での記念撮影です。
DSCF3295s.jpg




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントKoji | URL | 2010-08-13-Fri 21:47 [EDIT]
基礎知識がないからこそ、体系的に自分で考えて結露を出す事ができず、他人の説を自説としてしまうのではないでしょうか。その意味ではユダヤ文化を紹介するこのブログはとても貴重な存在ですね。
その危惧をよく感じます
コメントSolomon | URL | 2010-08-15-Sun 18:58 [EDIT]
コメント、ありがとうございます。
いろいろの方々とイスラエルの話をする機会がありますが、おっしゃる通り基礎的知識がなく、すでに世界では相手にされないような、陰謀論的ないびつなユダヤ人観を大真面目で論じている方々とあちこちで出会います。それも政治家や医者など、社会的には知識階級とされている方々に結構いるので驚きです。
日本はキリスト教国でもなく、歴史的にユダヤ人との接点が少ないので、ヨーロッパやロシアのような根強い反ユダヤ主義はありませんが、ユダヤ人の存在をあまりに持ち上げたり貶めたり、極端な論調が多いのは不思議です。

日本でもユダヤ人(秦)が色々、画策したからと・・(ぬれぎぬ)・・・秘史
コメント鷹の羽 | URL | 2010-09-26-Sun 02:10 [EDIT]
秦氏=秦の始皇帝が派遣した軍団の一部が西域人(ユダヤ人?)
陸軍=騎馬武者←監査役と武器の製造の職業ぐらい
*水軍及びその他の学者・知識人は中国系・・・
http://www.kamnavi.jp/mn/osaka/hiraoka.htm
物部氏を蘇我氏が攻め滅ぼす(蘇我氏と物部氏は異母兄弟)
物部氏が蘇我氏に嫁いで出来た1人の子供以外は全員、殺害。
(その子供が物部氏の半分の財産を継ぐ⇒内物部氏)
http://www.kamnavi.jp/mn/osaka/inatsu.htm
その蘇我氏を中臣鎌足と天皇家が攻め滅ぼす。
、中臣鎌足が藤原鎌足になって⇒藤原氏の祖先に・・・
⇒天皇・公家(藤原氏)による中央集権国家!
>>ところがこれが大ウソ!!
①藤原の姓を与え、天皇の子供を養子にだして、藤原氏を継がせる(公家)藤原鎌足は1代のみ、藤原を名乗る事を許された~子供は出家して太秦寺の住職に・・・
②渡日した漢人=秦氏 としていますが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%BC%A2%E6%B0%8F
ユダヤ人を祖とする渡来人(秦氏)は摂津・河内を本拠地にする西漢人ユダヤ人(物部氏の一派)と海人族=道教・猿田彦神(住吉大社系)
*蘇我氏は飛鳥に本拠地を置く東漢人(こっちは呉の末裔で、ユダヤ人や海人族の血統とは全く関係ない)
同じ漢人=秦氏⇒同族争いに見せかけていますが~暗殺
物部氏の財産(ユダヤ人の資産)は「四天王寺」の建立費用=領地も費用も、維持費も物部氏の遺産!
>スサノオ、猿田彦、ヤマトタケル、聖徳太子、弓削道教、菅原道真、崇徳天皇、蘇我馬子、物部守屋・・・ほとんど暗殺か、戦わせて戦死~神として、祭るが、後の祀り。
物部守屋は実名か?官職名か?は知りませんが、スサノオ、八十神、五十神、大国主・大物主・・・色々な名前で、多分、1番多く民間人によって、祭られていると思います⇒蘇我氏に追われて、各地に逃げた、嘗ての物部連合 http://www.kamnavi.jp/mn/monosiryou.htm によって・・・

>>ユダが銀貨30枚でキリストを裏切った、マグダラのマリアは娼婦だった・・・
当時のローマ帝国やローマ教会の権力者によって、事実を捻じ曲げられたのと同じように(現在の教会ではありませんが)、政治と宗教が結びついた時代の悪い例でしょうね。
現在の拝金主義の「無神論者が善」とも思えません、
キリストが神殿の中で商売する人に「出て行け~!」と言った気持ちは良く分かりますけれど・・・




ユダヤ人が迫害された訳ではありませんが
コメント鷹の羽 | URL | 2010-09-26-Sun 06:12 [EDIT]
中国の魏・呉・蜀や南方系(福建省)や北方系(北京系)
朝鮮半島の百済系や新羅・高句麗

秦氏の経済力・技術力が標的にされて
帰化して来た中国・朝鮮族の派閥・権力争いに、利用された。

純粋にユダヤ人と言えるのは、
①徐福と共に来日したごく少数の軍人と技術者
数千人のうちの10%も居ないでしょうね?(大半が労働者や民間人)

②秦が滅亡した時に、亡命して来た始皇帝の末裔のみ
こちらも純粋にユダヤ人と呼べる人はごく少数
(秦は中国の元の豪族をそのまま起用したから)

*それもかなり初期の段階で、蘇我氏によって、滅ぼされてしまった。
機内に残った内物部(物部&蘇我氏との間に出来た1人の子供)と
無事に逃げられた少数の子供のみでしょうね。

>内物部も南北朝・応仁の乱や
戦国時代の織田信長・豊臣秀吉の
紀州~大阪~播磨の焼き討ちで、多くの寺社、仏閣や記録と共に
多数が滅んでいますからね。

後は帰化して来た中国人・韓国人を、全て「秦氏」にしてしまった。
自称、漢の皇室の末裔とか、秦の始皇帝の末裔のたぐいでしょう。

>青森の「キリストの墓」、石川の「モーゼの墓」、四国の「剣山」の
ユダヤ人の痕跡は、恐らく外物部(各地に逃れた物部一族の末裔)の可能性が高いでしょうね。
後は物部氏時代の祭り・風習をそのまま受け継いだ。

天孫系の神様は「雲に乗っている」「後光が指している」のに、対して

物部氏系の神様は「ボロボロの衣装」「血まみれの剣」「岩の上」
「動物の背中に乗っている」「道具を持っている」「田の中で働いている」など
庶民的な神様として、描かれていますから~すぐに分かるでしょうね。
<各職業=部別>
その神様を奉っている地域がユダヤ人の子孫の可能性が有りますね。
(風習や神社だけを引き継いだ場合もありますけれど)
仏教徒だから、ユダヤ人では無い・・・そんな事もありません。
>>残念な事は、日本の国土・産業の基盤に貢献した
物部氏の終焉の地が知られて居ない事と古墳(お墓)が無いって事ですね。
墓を作ってくれる子孫をほとんど殺された
、逃げたため、場所も分からない・・・

蘇我氏の古墳は、破壊されたけれど、場所が分かっていて、人が来るだけ
マシかも知れませんね。記憶に残るだけでもね。

物部氏一族が「何処で死んだか?そのお墓はどうなったか?」
恐らく知っている人は皆無でしょうね。





ユダヤ人
コメント鷹の羽 | URL | 2010-09-26-Sun 20:07 [EDIT]
蘇我氏に追われたユダヤ人が~修験者(山岳仏教)として、機内周辺の山奥に残ったから、天狗伝説
ティフリン、虎の巻、ほら貝、精進料理(1汁1采)
*奈良の飛鳥~平城京が「蘇我氏の都」に成ってしまったから
蘇我氏を滅ぼして~遷都
蘇我氏も蝦夷・入鹿親子の本家が滅んだだけで、
蘇我氏は山田石川臣が引き継いでいます。

>徐福(中国の史記では徐福の子孫)を秦氏と呼ぶ
http://www.asukanet.gr.jp/tobira/jofuku/jofuku.htm
広い平原(播磨?)広い湿地(当時の淀川水系?)
3000人の男女と百工(職人)
徐福は方士⇒易学・祭祀

物部氏の神社の分布や社殿・風土記に一致します。
漢人の里、鍛冶屋、山岳信仰、道教(宗教)・・・
秦氏酒公と川原若狭の娘と結婚して⇒小宅氏(播磨風土記)
<以下参照>
http://www.kamnavi.jp/it/kinki/oyake.htm
http://www.kamnavi.jp/it/kinki/himeji.htm
神武天皇伝説=徐福

各地の徐福伝説、モーゼ・キリスト伝説は、物部氏が滅んだ時に
各地に伝わったと思います。(大伴、蘇我氏も?)
http://solomon.blog2.fc2.com/blog-entry-290.html#comment156

徐福=功満王、三公=大伴、蘇我、物部⇒基本的には初期の頃は
3~4000の集団で、初期の頃は子供同士が結婚しているでしょうね。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。