ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大阪産業大学最後の年
2010-11-07-Sun  CATEGORY: 未分類
7年前、私が北海道から大阪に転居するきっかけとなったのは、
大阪産業大学人間環境学部でヘブライ語を教えることになったからです。
その後、文化環境論中東という授業も担当するようになりました。

しかし数年後ヘブライ語の授業はなくなり、
カリキュラムの変更で来年から文化環境論中東もなくなります。
ということで、今年は最後の授業に臨んでおります。

授業では、まず聖書を母体とした三宗教、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教について学びます。
次にヨーロッパやロシアにおけるユダヤ人迫害の歴史、
近代シオニズムの誕生からイスラエル建国までの流れ、
さらにイスラエル建国後のアラブ諸国やイスラム原理主義との闘争の歴史と
和平への取り組み、という風に学び進んでいきます。

今授業は、イスラエル建国に入ったところですが、これまで
ヘルツェルや、ヨセフ・トロンペルドール、エリエゼル・ベンユダなどの
人物像の話もしてきました。

すると、先週の授業の後、一人の学生が話しかけてきました。
「先生の授業の話の内容を、もっと詳しく学びたいのですが、
お勧めの書物がありますか?」と聞いてきたのです。

私はミルトスの出している歴史ものや人物伝ものの書物など
いくつか紹介をしましたが、
授業をやっていて一番うれしいのが、
このように大学の単位とは関係なく、
純真に興味を持ってくれる学生に出会うことです。

今年で最後のこのコースですが、最後まで
一生懸命やり遂げます。




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。