ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
合意撤退への動き(20日)
2005-04-21-Thu  CATEGORY: 政治
peres6.jpg

ガザ入植地の撤退は、もともとパレスチナ側との合意に基づかない、「一方的撤退」の予定であったが、アッバス政権の誕生で話し合いの基盤が出来つつあるため、「合意撤退」への機運が高まっている。イスラエルにとっては、撤退により「テロ攻撃に屈した」という誤ったメッセージをパレスチナ過激派に与えないためにも、合意撤退が望ましい。
20日にはペレス副首相が、「イスラエルのガザ撤退案への合意は西岸地域の入植を認めることになる」と強硬に合意に反対しているパレスチナのアブ・アラー首相と会談を持ち、合意への賛同を説得する。またイスラエルのモパズ国防相はパレスチナの治安責任者、ダハラン氏と会合を持ち、合意撤退を目指す。
アッバス氏もすでにガザ撤退を「合意撤退」とすることに前向きな姿勢を見せている。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。