ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
メギドの刑務所から3世紀の教会(11月7日)
2005-11-08-Tue  CATEGORY: ニュース


「ハルマゲドンの戦い」で有名なテル・メギドのすぐ傍には治安関係の囚人が服役する刑務所があるが、ここから3~4世紀のものと思われる教会跡が発掘され、大きな話題となっている。今年の7月、新しい収監施設を建てるために工事をしていたところ、囚人の一人がモザイクを発見したが、それ以降刑務所当局は工事を中断、発掘を行ってきた。
 イスラエルの考古学関係者によると、発見されたのはまだキリスト教がローマ帝国に公認される以前の、3世紀から4世紀はじめの教会と考えられており、シンボルとして十字架ではなく、原始キリスト教時代のシンボルであった魚が使われている。
 またモザイクには、ギリシャ語で3つの碑文が残されている。一つは教会建設のために資金を提供したローマ軍将校を、一つは祭儀用の机を献呈した「アケプトス」という女性を、一つは4人の女性の名前を記念したものとなっている。
 イスラエル観光省は「一大観光地となる」と発見を大歓迎している。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。