ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
2006年、イランとアルカイダの脅威
2005-12-28-Wed  CATEGORY: 軍事・防衛


12月27日、イスラエル国会の国防外交委員会で報告を行ったモサド長官のメイール・ダガン氏(写真)は、「2006年はイランの核兵器の準備が完了する」と警告を発した。
 ダガン氏の報告によると、もし何らかの外的要因が働かない場合、イランの核開発は数ヶ月で独自に核兵器製造能力を持つようになる、という観測を示した。そうなればイスラエルの生存を脅かす最大の脅威となるが、ダガン氏は「イスラエル単独でこの脅威に立ち向かうことは不可能。国際社会にイランへの圧力を強めるよう、要請する必要がある」と語った。
 ダガン氏はまた、「アルカイダの分子がイスラエルへの侵入を試みようとしている」として、イラクをはじめとするアラブ諸国で活動するアルカイダ活動家の動きも報告した。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。