ヨマン・シュロモー יומן שלמה
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
入植者グループ-ガザ撤退反対運動を激化
2005-01-07-Fri  CATEGORY: 政治
20050107110519.jpg

ガザの入植地撤退計画に反対する入植者グループは、様々な手段を使って入植地撤退阻止への行動を激化させている。
昨年10月に宗教シオニズムの最高精神指導者であり、イスラエルの首長ラビも務めたラビ・シャッピラ師が「入植地撤去の命令は拒否すべき」という見解を示したことを受け、入植者の退役将校や兵士たちの中に、「入植地撤去の命令には、刑務所に入っても従わない」という動きが始まっている。
また入植者のグループは入植者たちの子供らにはナチスがユダヤ人に強制したオレンジ色のダビデの星を付けさせ、今回の撤去計画を「第二の水晶の夜」と呼んで非難するなど、ナチスの反ユダヤ人政策になぞらえて厳しい非難を浴びせている。
さらに入植者らは、宗教的立場としては入植者らのグループに近い国防軍のラビ、イスラエル・ヴァイス師が「命令拒否」を呼びかけるラビたちを非難する発言をしたことに反発、個人攻撃や脅迫を強めており、過激右派の宗教家が「殺人脅迫」の疑いで逮捕される事態となっている。さらに入植者グループはヴァイス師の妻が経営する衣服店チェーンでの非買運動も続けており、事態は悪化している。
入植者らが撤退計画をナチスの政策になぞらえたことには、「超えてはならない一線を越えた」とイスラエル社会に反発が強まっている。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ヨマン・シュロモー יומן שלמה. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。